本文へ移動

弁護士等

弁護士

遠 藤 英 嗣
eishi ENDO

経歴

1971年 法務省検事
 
釧路地方検察庁検事正
 
最高検察庁検事
 
長野地方検察庁検事正
 
高松地方検察庁検事正
 
2004年 検事退官
 
2005年 東京法務局所属公証人
 
2009年 日本公証人連合会 常務理事
 
2009年 日本成年後見法学会 理事
 
日本成年後見法学会は、成年後見制度の研究と普及をはかるため、2003年11月に活動を開始、この趣旨に賛同する多数の研究者をはじめ、弁護士・司法書士・社会福祉士・公証人・税理士・裁判所関係者・医師等さまざまな実務家800名余りが参画して活動している団体です。
 
2015年 公証人退官
 
2015年 株式会社野村資産承継研究所
            研究理事
 
平成27年4月に設立された野村ホールディングス傘下の株式会社野村資産承継研究所の研究理事に就任し、同研究所での研究業務をも始めました。 
株式会社野村資産承継研究所は、高い水準の専門性とコンサルティング力を発揮するために設立された研究機関です。その中心は、税務の専門家等との連携も視野に入れた、高齢者等が抱える資産の管理及び家産承継や事業承継に関する統合的な研究と実践に向けての業務(情報提供等)を担当するものです。
 
2015年4月 弁護士登録
 
2015年5月 日本成年後見法学会 常任理事

弁護士

本 田 桂 子
keiko HONDA

経歴

経歴
1969
年生まれ
2003
年以降 行政書士・社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー(CFP)として、遺言相続業務を中心に活動
2016
9月 司法試験合格
2018
12月 弁護士登録(第71期)
2019
1月 遠藤家族信託法律事務所入所

 

著書
2004
年「願いがかなう遺言書のつくり方」(日本実業出版社)
2007
年「その死に方は、迷惑です遺言書と生前三点契約書 (集英社新書)
2007
年「大切な人に遺す人生整理帳」(幻冬舎)
2008
年「遺言書と生前三点契約書のつくり方」(日本実業出版社)
2010
年「誰でも簡単につくれる遺言書キット」(永岡書店)
2011
年「明日のためのマイ・エンディングノート」(技術評論社)
2014
年「30代、40代夫婦への遺言書のススメ」(マガジンハウス)

2016年「エンディングノートのすすめ」 (講談社現代新書)
2017
年「これで安心! 親が70過ぎたら必ず備える40のこと 病気・介護・亡くなったあと」(技術評論社)
2017
年「もしもの時に家族をつなぐ 書き込み式 エンディングノート」(NHK出版)他多数

 

雑誌・新聞
2015
10月 朝日新聞「なるほどマネー~いまからの終活」(全8回)
2016
9月 日経ヴェリタス441号・442号「みんなで考える終活」他多数

 

番組出演
2013
12月 テレビ東京「L4YOUプラス」終活特集
2017
3-4月 Eテレ「NHKまる得マガジン~もしもの時に! 家族をつなぐエンディングノート 」他

 

団体

東京弁護士会

経済産業省「安心と信頼のある『ライフエンディング・ステージ』の創出に向けた普及啓発に関する研究会」委員

遠藤家族信託法律事務所 沿革

2015年
公証人退官を機に、公証人として培った知識を生かし、家族法に関することがらを中心に、家族のための民事信託や任意後見にかかわるリーガルサービスを提供するため、法律事務所を開設した。
遠藤家族信託法律事務所
〒144-0051
東京都大田区西蒲田7丁目5番13号 森ビル4F
TEL.03-6428-7250
FAX.03-6428-7251
TOPへ戻る